【 発達障害のある子どもたちを誰一人取り残さないための講演会 】&【 事業者の合理的配慮義務化を知っていますか?展 】

NPO法人オルケスタと社会福祉法人河内長野市社会福祉協議会は、国連が定めた国際デーである自閉症啓発デー(4月2日)と、厚労省が制定した発達障害啓発週間(4月2日〜8日)の主旨に賛同し、共催で啓発イベントを開催いたします。

【 発達障害のある子どもたちを誰一人取り残さないための講演会 】
【 事業者の合理的配慮義務化を知っていますか?展 】

とき:令和6年4月6日 (土)
ばしょ:ゆいテラス(イズミヤ河内長野店4階)

※講演会には申込みが必要です。

①【 発達障害のある子どもたちを誰一人取り残さないための講演会 】

ビデオ講演
講師:本田秀夫 氏(信州大学医学部付属病院部長)
タイトル「こどもの発達障害と向き合う大人たちへ」(2023.5.14 NPO法人オルケスタ主催講演)

1回目 10:30〜12:30
2回目 13:00〜15:00

お申込みはこちらのフォームから↓
https://docs.google.com/forms/d/…edit?chromeless=1

フォームを使えない方はメールでも受け付けます
npo.orquesta@gmail.com
タイトルに「自閉症啓発デー」、本文に氏名と電話番号をご記載下さい

②【 事業者の合理的配慮義務化を知っていますか?展 】

ミニセミナー&展示

※セミナーは11:00〜12:00・13:30〜14:30の間で随時
※申込み不要

障害者差別基本法により、令和6年4月1日から一般事業者による合理的配慮が義務化されます。
法律の主旨や、事業者に求められている具体的な例、合理的配慮を実施することによるメリットなどを紹介します。

お問い合わせ先:
NPO法人オルケスタ Tel0721-68-7971 (横山)
社会福祉法人協議会 Tel 0721-65-0133 (土橋)

 

↓毎週、河内長野の最新情報を発信中!
line つながるかわちながの
友だち追加
(2025/01/29 更新)

関連記事